TOEFLibtの変化

2014.03.24 Monday | Category:-
昨年度より日本国内における英語教育の取り組みについて、新聞等で記事になる事が多くなったように思います。
東京でのオリンピックが決定して、英語ブームというのが、復活しつつあるように思います。最近のご相談も
早期から留学をされたいというご相談が増えました。どんどんグローバル化が進んでいるんだと思います。
驚いたのは、かのTOEFLテストでも、今までは、アメリカ人のみ(北米)の英語のイントネーションでのテストだったのが、それ以外の発音も入ってのテスト内容に変わるという。かつて、学生だった頃、TOEFL対策等の勉強会に参加した際、ETSは、アメリカがとっても素晴らしい国だと思っているので、何を言っているのか分からないときは、とにかく褒めている内容の答えを選ぶと正解の場合が多いと教えてもらいそれ以外の発音は考えられないという感じだったのですが、時代は、恐ろしいスピードで変化しているんですね。ということで、4月は、TOEFLを私も受験しましょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

selected entries

recent comment

  • GREのテスト変更
    yusuke

profile

archives

others

mobile

qrcode